MRS. JAPAN Organizer
吉成恵里香プロフィール

女性活躍であり人材育成についてより深く学ぶ為、自身の培った経験を活かすと共にステージウォーキング等の鍛錬を重ね2013年にミセスの為の世界大会に出場。
2014年に自ら日本で世界大会を立ち上げる事を決意。
2015年に紹介を受けた新たに立ち上がる世界大会に学びを兼ねて挑戦し、タイトルを獲得。
2016年からナショナルディレクターとしての活動を始めると共に地域創生、人材発掘をコンセプトとする大会としてMRS.JAPAN PAGEANT®を立ち上げ、オーガナイザーに就任。
PAGEANTが日本国において一般的では無かった中で、広く、先を見据えた活動を行う。

決意から10年後である2024年に世界大会Mrs.Eternal Worldの開催を目指し、MRS.JAPANメンバーと共に活動を続ける。


MRS. JAPANについて

女性の社会進出がうたわれる現代においても、女性は望む望まないに関わらず結婚、出産・育児、介護など、家庭に入ることで社会や自身のキャリアからリタイアせざるを得ない現実があります。
そのような女性たちが、人生の中で向き合うそれらの事柄を重要で価値ある女性の仕事としてとらえ、そのバックボーンや人生のストーリー、人として培ってきた経験や感性を、自身の魅力に変えてステージ上で表現するのがこの『ミセスジャパン』です。

ミセスとしての美しさは、外面だけでは築き上げられません。
様々な個性を持った女性たちがステージ上に並ぶことで、それら人間的魅力が存在感となって光り輝き、観客の心を捉えます。
ミセスジャパンの運営を通し、私たちは『ミセスの活躍支援』と『女性による新たな価値創造、地域創生、社会経済の活性化への貢献』に取り組みます。

ミセスジャパンは2016年に立ち上げられ、年々開催地域を拡げ、ミセスのための世界大会へと進む代表者を選出して参ります。

ミセスジャパンでは「美しさ」「個性」「感性」「人間性」などと共に、女性がミセスとしての人生経験の中で培った「スキル」や「魅力」、女性としての「人生のストーリー」そのものをステージ上で表現することで、ティアラやサッシュと共に各々の個性に合わせた各種表彰と女性が社会で活躍するための手助けとなるプラットフォームの提供を行っています。

ミセスの美と魅力は外面だけではなく、それまで生きてきたストーリー、子育てを含めたキャリア、教養、日々のライフスタイル、それら全てによって培われます。母として、妻として、自らを形成する全てが審査対象であり、大会を通して女性たちは経験と学びを得ながら『真に輝く女性』を目指します。

第1次選考(書類選考)、第2次選考(対面式面談*)を通過し、選考会で上位入賞者となった方が、地方大会へ出場する権利を得ます。
さらに地方大会で上位入賞者となった方が日本大会ファイナリストに選出され、日本大会前に開催されるプレミアムキャンプに参加。日本を代表する女性として必要なトレーニングを経てグランドファイナルのステージに挑みます。(*面談は電話、ビデオ通話を行う地域もあり)

ミセスジャパン日本大会で上位の成績をおさめた出場者は、世界大会(日本国内にて2024年開催予定)に日本代表として出場する権利を得ます。

「夢を持つことは大きな力になります。」

ここでしか得られない喜び、楽しさ、さらなる成長。 出場者ひとりひとりにとって、一生の思い出となる貴重な体験と学び、経験、そしてかけがえのない出逢いをミセスジャパンは提供します。