エグゼクティブディレクター瀧田誉挨拶文